家電

様々な集塵方法

テレビ

掃除機といっても様々な形状の違いがあるだけではなく、ゴミの集め方も変わってきます。近年では集塵方法でも便利な機能がついている製品も増えています。ゴミの集め方には「紙パック式」と「サイクロン式」の大きく2つに分類することが出来ます。それぞれの集塵方法によって特徴が違いますので、その特徴について紹介します。

従来の掃除機の主流と鳴っていたタイプです。本体の中に紙パックが入っていて、吸引されたゴミは紙パックの中に集められるというシステムです。紙パックの中にゴミが溜まってきたら紙パックごとゴミ箱へ捨てるといったものです。紙パックごと捨てて、新たな紙パックを装着します。そのため、直接ゴミを手で触る必要がありません。紙パック式の特徴には、密閉性が高いということが挙げられます。そのため、掃除機の吸引力が高いです。

サイクロン式というのは、掃除機の本体に直接ゴミを集めるタイプです。本体に直接ゴミを集めるということになりますので、紙パックを購入する必要がありません。よって、ランニングコストはかかりません。また、ゴミが溜まったからといって吸引力が劣ることはありません。ご澪が溜まっている部分と空気が排出される部分がわかれていますので、排気はゴミの臭いがしません。近年では、サイクロン式の中でもゴミを圧縮する機能がついている、自動でフィルターを掃除するといった機能がついている掃除機もあります。

Copyright(c) 2015 掃除をロボットに任せられる機器のレンタルサービス. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com